プールのある家

マイホームの購入

昔からあるマンション

そもそもローコスト住宅とは

住宅は一生で一番高い買い物とも言われています。そんな高価な住宅ですが最近ではローコスト住宅という言葉が登場しているのです。ローコスト住宅とは土地面積にもよりますが一千万円台から住宅を建築することができる住宅のことです。ローコスト住宅と言っても企画住宅のようにあらかじめ間取りや使用する材料などが決められているのではなくある程度施主の要望を反映した住宅を建築することも可能なのです。ですから年収が少ないなど予算が限られた人でも住宅を購入することができる魅力的な選択肢なのです。広告などでは込みこみで一千万円を切った販売価格で住宅を販売している会社も登場しているなど庶民でもマイホームを手に入れることが可能なのです。

より良い住宅を安く手に入れるために

一般的な住宅価格よりも低い価格で建てることができるローコスト住宅ですが広告などで宣伝されている一千万円前後の価格にはからくりがある場合もあります。そもそも住宅を建築する際には住宅の本体価格以外にも様々な費用が発生するのです。地盤補強工事や水道分担金、ローン手数料など場合によっては必要のないものもありますが多くは付帯工事費として数十万円から数百万円の費用がかかるのです。さらにローコストでも安心して住める住宅でなければ意味がありません。手抜き工事や強度の弱い材料を使用してコストを抑えている住宅は意味がないのです。一軒当たりの企業側の利益を減らしてローコストを保っているなど品質は確かで価格を抑えた商品を探す必要があるのです。

Copyright © 2015 注文住宅で自分のライフスタイルに合わせた家を造る. All Rights Reserved. Design by http://f-tpl.com

このエントリーをはてなブックマークに追加